«前の日記(2011-02-07) 最新 次の日記(2011-02-12)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2011-02-11 [長年日記]

_ [Running][日記] ハーフマラソンを走ってきた

12月頃にランニングをするようになった時、せっかくだからと思って「森林公園完走マラソン大会」のハーフマラソンの部にエントリーし、大会に向かってランニングに励もうと思っていたのだけど、その後膝が痛くなって1月はさっぱり走れないまま、大会の日(2月11日)が着々と近づいていたので、このところ憂鬱な日々を過ごしていたのだった。

ところが今週になって天気予報を見ると2月11日は荒れ模様の予報。2月10日の段階では「関東地方は今夜から雪が降り、積雪もあるでしょう」との予報になって、これは埼玉の山奥にある森林公園はきっと雪が積もってマラソン大会は中止かなと期待したのである。

はたして今朝の五時、犬の散歩のために起床すると外は雪が降っている。これはもう中止で決まりだろうと思って、そそくさと犬の散歩を済ませた後に大会のWeb告知を確認したのだが。

「大会は予定通り行います。現在の積雪はありません」まじですか。

しかたがないので支度をして現地に出かけ、雪が降る中を走ってきたのだった。

膝を痛める前の練習では、一度に15km走ったのが距離的には最高だった。そのときは1周1.5kmのコースを10周、1周10分のゆっくりしたペースで走って合計100分だった。今日は21kmで、最後の6kmがぼくにとっては未経験の領域になるが、まぁ練習で15km走った時も、ゴールしたあともう少し走れそうな感じだったし、今日も同じペースで走ればなんとかなるのではないか、という作戦を立てた。21kmなら2時間20分である。

でもいざ走りだしてみるとやっぱり周りのペースに影響されて、最初の10kmを60分足らずで走ってしまい、おかげで後半バテバテだった。どんなにゆっくりなペースでもとにかく走って、歩かないようにしようと思っていたのだが、ラストの数kmは結構歩いてしまった。

最終タイムは2時間10分50秒ということで当初の予定よりは早かったのだけど、そんなわけで自分としては反省点の多いレースだった。

森林公園のコースはアップダウンが結構あって、同じ距離でもやはり平坦な道に較べるとどうしてもタフになる。幸いにも今回走っている間は膝の痛みは出なかったのだけど、後半の上り坂でどうしても足が前に出なくなってしまって、そこで立ち止まったり歩いたりすることが多かった。こういうのはやはり悔しいので、次の機会では足が止まらないようにしたいものである。

それにしても実際に自分でハーフマラソンを走ってみると、フルマラソンを走る人たちというのはやっぱり凄いなぁと思わざるをえない。今回ランニングを始めたとき、せっかくだから一度くらいフルマラソンを走ってみようと思いたっているのだけど、まだまだ当分それは実現しそうにない。

まあそうはいっても、こういう大会に初めて参加して、なんとかゴールまで到達したというのはそれはそれでめでたいことである。今日は気分良くビールでも飲んで寝ることにしよう。

[]



あわせて読みたい rss
«前の日記(2011-02-07) 最新 次の日記(2011-02-12)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg