«前の日記(2010-04-25) 最新 次の日記(2010-05-09)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2010-04-29 [長年日記]

_ [自転車][] キャリアの問題

キャリア、と言っても職歴関係ではなく、自転車の荷台の話。

愛車trek 7.3fxは、通勤にも使っているので、リアキャリアをつけて通勤カバンはそこにゴムの入った荷造りロープくくりつける、というスタイルでやってきた。

おおむね問題なかったのだけど、最近は自転車にも慣れてきてスピードが出ているのか、キャリアにくくりつけておいた通勤カバンがいつのまにか少しずれている、というようなことが起こるようになった。

少しズレすぎると荷造りロープが後輪に当たってしまう。それで、すぐ気づけば良いのだけど、なにぶん通勤中なのでいろいろテンパっていて、すぐには気づかなかったりする。そうすると、摩擦熱でたちまちロープがやられてしまう。下の写真は、ほんの1km程度タイヤに当たる状態で走ってしまった荷造りロープ。

こんなもの、ずれないようにきっちり締めれば良いだけの話で、いつも注意しているつもりなのだけど、それでも時々やってしまって、もう3本ほどロープをダメにしてしまった。

さらに先日、キャリアを自転車本体に止めているネジが通勤中に取れてしまった。

写真で赤丸をつけたところがもともとネジ止めされていたところ。山手通りをクルマに交じって走行中に、何か異音がするなぁと思って歩道に上がって調べてみたら、リアキャリアの片側の脚のネジがハズレてその脚がブラブラしていたのだった。回転している後輪のスポークにでも噛んだらただでは済まなかった筈なので、危ないところだった。

このキャリアはリアサスペンションに対応するためネジ止め部分に構造上のアソビがあるのだけど、そういう場所はネジが緩みやすいので日ごろからもっと注意して、ネジの増し締めもゆめゆめ怠らないようにする必要がある、ということで、一つ勉強になったのだった。

が、それはそれとして、荷造りひもももう何本もダメにしたし、リアキャリアはちょっと厳しいかなぁと感じ始めて、フロントキャリアを模索したのだった。

で、ウチには犬もいるので、この際なので必要があれば犬も載せられるリクセンカウル"doggy"なるアイテムを見つけて、Amazonで発注した次第。

これが昨日届いたので早速取り付けてみた。アタッチメントパーツ KF810の取り付けは、ワイヤの取り回しでちょっと手間取ったが難しいところは特になく、思ったよりもカンタンだった。カゴはアタッチメント一箇所で止めるには大きすぎるような気もするのだが、もとがドイツ製だけあって意外としっかりした構造になっていて、空の状態であれば全然問題なさそう。

ただ、荷物を載せればまた話は違ってくる。特にウチの犬はパピヨンにしては身体が少し大きいので、無事に乗れるか実はちょっと心配だったのだけど、乗せてみれば意外と何とかなった。ただしさすがに犬を乗せた状態では自転車のバランスが悪くなるので、常に人間が自転車を支える必要が出てくる。

通勤カバンであれば問題なく入るので、しばらくこのカゴで通勤してみるつもり。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ 菊池桃太郎 (2010-05-01 22:44)

いやーでっかいカゴですね。車体が赤かったらまるっきり郵便屋さんじゃないですか(笑)

_ kono (2010-05-04 20:11)

菊池さんども。そうか郵便屋さんか(笑)。まぁカッコ良いとは私も思わないけど、でもリュックサックを背負って乗るよりもラクなので、カッコは二の次なのでした。

本日のTrackBacks(全1件) []
_ KONO's Diary-休むに似たり:自転車通勤半年 (2010-06-07 20:58)

昨年の12月から自転車通勤を開始したので、5月末で半年が経過したことになる。自転車通勤日は3月が12日、4月が8日、5月が11日。12月~2月が合計24日なので、半年で通算55日という計算。今年の春は雨が多かったこともあって、日数的には少ない数字になってしまったが、大きな事故はもとより筋肉痛他体調の不調もまったく出なかったことだし、ジテツウ初心者にはかえって良かったかもしれない。 コースは3月から変化なし。カバンは4月以降、しばらく前カゴを試したが、通勤時は結構スピードを出すので、路面の段差..




あわせて読みたい rss
«前の日記(2010-04-25) 最新 次の日記(2010-05-09)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg