«前の日記(2010-04-10) 最新 次の日記(2010-04-24)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2010-04-14 [長年日記]

_ [日記] 阪神ファンの誕生

昨夜の阪神は巨人相手に0-6で負けているところからホームラン攻勢で盛り返して逆転した。今夜は、1-1の膠着状態からしぶとく2点入れ、相手の反撃をソロホームランの1点に抑えて勝った。

セガレは阪神ファンなので、大喜びである。

今日は彼がどうして阪神ファンになったか、という話を少し。

彼が去年野球を始めたとき、暇を見つけてはキャッチボールの相手をしてやった。

野球を始めた子どもはみんなそうだと思うが、セガレもピッチャーの投げる「変化球」に興味深々で、カーブはどうやって投げるのかとか、フォークはどうするのかとか、いろいろ質問してきた。

後になって思えば、そういう質問は最初からきっぱり拒絶すれば良かったのかもしれない。でもせっかく興味を持ったのだからと思って、カーブやフォークの投げ方を説明してやった。

もっともぼく自身、本格的なピッチャー経験等はまったくない状態なので、説明したと言っても知識レベルの話である。実際に投げてみせても、ほとんど曲がらないし、落ちない。「お父さんは子どもの頃野球チームに入っていなかったし、練習していないから、曲がらないんだ」と言い訳した。

けれどもセガレは説明を聞くと、一人でカーブを投げる練習を始めてしまった。

これはまずいな、と思った。身体のできていない子どもが変化球ばかり投げていたら、肩やひじに悪影響があるだろう。

一方で、一人で練習を始めるその意欲に水をさすようなことは、できるだけ避けたかった。この辺、子を持つ親の人であれば判っていただけるだろうと思う。

それで、考えた末、阪神タイガースの藤川球児の話をすることにした。

「変化球っていうのは、所詮はごまかすためのボールなんだ」とセガレに言った。「本物のピッチャーは、ストレートで勝負する」

「代表的なのが阪神のリリーフエースの藤川球児だ。彼のストレートはどんな変化球よりもスゴイよ」

「他のピッチャーも、若い頃はストレートで勝負して、年をとって球速が落ちてきたら仕方なく変化球でしのいでるんだ。だからまず藤川みたいなストレートを練習しよう」云々。

そうやって吹き込んでいるうちに、セガレはいつの間にか藤川球児に憧れて、いつの間にか阪神ファンになっていたのだった。

今年の藤川はちょっと変化球が多いような気もするが。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
_ kono (2010-04-15 10:26)

本文に書き忘れたが、セガレはその後変化球の練習はとりあえずしなくなった。藤川に憧れたからというよりはむしろ、飽きたから、という印象だが...。

_ えびす (2010-04-15 12:02)

 変化球の件も阪神ファンの件もオトナのちょっとした対応で進むレールがどんどん変わってくのがおもしろいすね……。

_ kono (2010-04-15 19:02)

えびすさん、コメントありがとうございます。セガレが赤ん坊だった頃は相手するのが面倒くさいと思っていたのですけど、小学生になった頃からおもしろくなってきました(変な影響を与えないかという怖さもありますが)。たぶん中学生になったあたりで相手をしてもらえなくなるので、今のうちではあるのですが。

[]



あわせて読みたい rss
«前の日記(2010-04-10) 最新 次の日記(2010-04-24)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg