«前の日記(2010-04-02) 最新 次の日記(2010-04-10)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2010-04-04 [長年日記]

_ [自転車] グリップ交換

trek 7.3fxの一番の弱点はおそらくハンドルのグリップである。人間工学的な形状は握り心地が大変よろしいのだが、ハンドルにロックされていないので運転しているうちにだんだん回ってずれてしまうのだ。通常の棒状のグリップであればこの程度のずれはたぶん問題ないが、このグリップは下方向に出っ張りがあって、これが回転して上に来ると非常に握りづらい。

乗り始めてすぐにこの弱点に気づいた*1。ネットを検索してみると、他のオーナーさんたちは皆グリップは交換しているらしい。で、自分も交換しなければと思ったのだけど、根が不精でさらにみみっちい性格なので、「メンドくさい」「付属のグリップはまだ新しいのに勿体無い」「交換するといってもどんなグリップと交換すれば良いのかよく判らない」等とぼやぼやしているうちにたちまち数カ月経ってしまったのだった。

が、「あさひ」の店頭でふとコンフォートロックオングリップを売っているのを見つけ、まぁ値段も千円ちょっとだし*2とりあえずこれを使ってみるかと思い立って、購入したのだった。

で、交換したのだけど、新しいグリップは前のグリップより長さがあって、ブレーキレバー・シフトレバーをハンドルに固定している部分を内側に2cm程度ずらす必要があった。

古いグリップを抜くときは、グリップとハンドルの間にKURE-556をスプレーしながら少しずつ引き抜く必要があったが、新しいグリップは内径が太めですかっと入った。「これで大丈夫か」と一瞬不安になったが、ロックするためのネジを閉めたらちゃんと固定された模様。

意外と苦労したのはハンドル端のフタになる「エンドキャップ」という部品で、グリップに付属していたキャップはハンドルにはめこむ突起部分がハンドルの内径よりかなり大きくて、どうやって嵌めこむのか最初は判らなかった。しばし考えて、キャップの突起部分をヤスリで削って嵌めこんだら何とかなった。

交換後まだ本格的に運転していないので、この交換でどのくらい良くなったかの判断はまだ保留状態。

写真は新旧のグリップを並べたところ。上が新しいグリップ。

*1 最初は不良品かと思ったのは秘密である。

*2 店頭売価は1280円だった。

画像の説明
[]



あわせて読みたい rss
«前の日記(2010-04-02) 最新 次の日記(2010-04-10)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg