«前の日記(2009-12-13) 最新 次の日記(2010-01-09)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2009-12-17 [長年日記]

_ [日記] 心拍計

自転車を買う少し前に心拍計を買っていたのだった。ポラールというフィンランドのメーカーが出しているFS2Cというモデル。

この会社は心拍計一本で勝負していて、価格帯別にいろいろ機種を出しているのだけど、目標心拍数が設定できて平均と最高心拍数の記録が取れれば当面十分と考えた。

使ってみて最初に発見したのは、「犬の散歩は運動にならない」ということ。ここ一年以上、毎朝犬の散歩をしているので、最低限の運動はこなしているつもりだったのだけど、測ってみたら最高でも130bpm(130拍/分)に到達しない。ウチの犬はオスなので電柱の度に止まってしまって、そこで体が休んでしまうのがいけないらしい。

一方自転車では、いい感じで130〜150bpmくらいで巡航できる。犬の散歩と較べても、特に強い運動とは思えないくらい。

購入時の設定では160bpmを超えるとアラームが鳴るのだけど、坂道などでちょっと気合を入れるとこれは簡単に超えてしまう。それでペースを落とすと、継続してずっと運動できる、という按配。実際、クロスバイク購入直後に心拍計つけて走った時、この要領で二時間以上継続して走行することができた。

四十歳を過ぎた肉体では体力の限界に挑戦してしまったら体を壊すし、一方でそこそこの強度で体を動かさないと衰える一方だしということで、うまくバランスを取る必要があるのだけど、心拍計を使えば手軽にそれが可能になる。

まぁ厳密にはこれ使ってしばらく運動してみて、身体にどんな変化が出るかを見極める必要があるかもしれないのだけど、現時点では買って良かったと素直に言える一品。ボタンひとつで設定・計測等全部やってしまうインターフェースもシンプルで使い易い。強いて難を言えば、胸につけるセンサー部分の電池交換ができなくて、電池が切れた場合はセンサーごと買い直すしかない(かつ、これが結構高くて8000円以上する)点だけど、新品のセンサーは2500時間程度計測できるそうだし、防水面等の理由で割り切った仕様と思えば理解できなくもない。ということで、オススメする。

[]



あわせて読みたい rss
«前の日記(2009-12-13) 最新 次の日記(2010-01-09)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg