«前の日記(2009-11-05) 最新 次の日記(2009-11-28)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2009-11-26 [長年日記]

_ [子ども] 軍艦じゃんけん

先日の渋滞中、後部座席で退屈した子どもたちが勝手にゲームを始めた。「せーんーそっ、せーんーそっ、軍艦軍艦朝鮮、一本とって朝鮮…」という掛け声と一緒にジャンケンをしているらしい(こっちは運転中なので後ろを振り返って見ることができない)。最後は「三本とって勝利!」なので三本勝負らしい。

あとで聞くと大まかにはじゃんけんで、「軍艦」がグー、「朝鮮」がチョキ、「ハワイ」がパーで、「せーんーそっ」というのは「戦争」のこと。最初の「戦争」の掛け声のときに普通のジャンケンをして勝った方が親となり、以降「軍艦軍艦朝鮮」等の掛け声は親が言う。この掛け声の三つめ(「軍艦軍艦朝鮮」なら朝鮮)のときにお互いジャンケンの手を出すが、親は当然掛け声の通りに出し、子は掛け声と違うものを出す必要がある(子は親が何を言うかを予測して、それと違うものを出す)。子が親と同じものを出したら親は「一本とって」、違うものを出したら親が交代する。そうして、どちらかが三本とるまで勝負を続ける、というゲームであるとのこと。

学校で上級生から受け継いだらしいが、「戦争」「軍艦」「朝鮮」等という掛け声から察するに少なくとも太平洋戦争の頃にはあった遊びらしい…と思ったらWikipediaにも同じような記述があった。

そのWikipediaによると、地域によっていろいろなローカルルールがあるそうだけど、ぼくは子どもの頃、こんなジャンケンは聞いたことがなかったように思う。山口県の西部ではこの遊びは普及していなかったということなのだろうか。

[]



あわせて読みたい rss
«前の日記(2009-11-05) 最新 次の日記(2009-11-28)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg