«前の日記(2009-06-27) 最新 次の日記(2009-07-11)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2009-07-02 [長年日記]

_ [イベント] Twitterと政治を考えるワークショップ

一昨日に表記のイベントに行ってきた。開催告知

「twitterが政治の世界にもたらす可能性とその影響」について語るイベントということで、登壇される人こそtwitterを使った実況中継ですっかり第一人者になった津田さん、イラン大統領戦後の混乱の中でのtwitterの状況をていねいにまとめられたFumiさんにtwitterをやってる現役衆議院議員の橋本岳さんと豪華だったものの、同じタイミングでTwitterの中の人と語る会というイベントもあったからこっちはそんなに注目されないかと予想していた。でも行ってみたら全然そんなことはなくて、人数こそやや少なめながらネット界隈で著名な人たちも多く見かけ、会場の熱気もすごかった。

当日の内容はIT Mediaの記事がさすがに手際よくまとめているのでそちらを見ていただくとして、ここでは個人的に感じたことなどを少し。

政治の世界、特に国政レベルの話になると、新聞やテレビなどでニュースは見るけれどもどこか自分とは違う世界の話のような印象をいつの間にか持っていた。 しかし、橋本岳さんや逢坂誠二さんの「つぶやき」をフォローしていると、プロレスラーの三沢選手の事故を嘆いたり新閣僚の発表をリアルタイムで伝えてくれたりして、少しずつ「あ、つながってるんだな」という実感を持ちつつあるところである。 従来もメルマガやブログ等のネット系のツールがあって、それらももちろん威力のある道具だったが、twitterの場合1メッセージが短くて気軽にアクセスできるし、リアルタイム性が非常に高いので、より「つながり」を強く感じさせてくれるのだろう。

ただ日本の場合、たとえば現状の公職選挙法では選挙にはtwitterをはじめとするネット系ツールは使えないとか、ヘンな制約がありすぎる。

選挙以外でも、インターネットの政治活動って、内閣のウェブサイトとかメルマガとかくらいしか思いつかないし。 そこへ行くとたとえばアメリカでは、健康保険再建についての意見交換会をオンラインで企画し、twitterを使ってその周知徹底に努めている

ホワイトハウスはfacebookにもYouTubeにもflicrにもiTune Storeにも(そして他のネットサービスにも)アカウントを持っていて、盛んに情報を発信し、それについて一般の人たちからのコメントも集まっている。

これは、はっきり言って、うらやましい*1。なんでもアメリカのマネすりゃ良いわけでもないだろうが、こういうネットの使い方は大いに参考にすべきではないか。

ただ、もしアメリカのようにネットを使うのなら、こちらにも心構えが必要になる。

「もっと政治に関心を寄せて、どんどん意見を表明していく」という心構えである。

政治の不出来に床屋政談的な文句を言うだけではなく、自分にできる範囲で政治に繋がっていく必要があるのだろう。

結局のところ、twitterが政治を変えるのではなく、twitterを手にしたわれわれが政治を変えるのだから。

ということで、ここにぼくの政治的な要望を書くと、まずは年間何億円も費やして運用していると言われる内閣メルマガまぐまぐ!あたりに委託するところから始めてもらいたい(違)*2

(以下は、イベント当日使われたスライド。非常に参考になるのでぜひご覧あれ)

*1 ふと、アメリカ以外はどうかと思ってイギリスの首相官邸公式ホームページを調べてみたら、flickrとかYouTubeとかばんばん貼ってあった……

*2 冗談はさておき、イベント当日得た情報によると内閣メルマガの「ご意見募集」コーナーは、内閣の「かなり上の方の人」も内容をチェックされている、非常に有効なチャネルだそうである。

[]



あわせて読みたい rss
«前の日記(2009-06-27) 最新 次の日記(2009-07-11)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg