«前の日記(2008-05-02) 最新 次の日記(2008-05-20)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2008-05-05 [長年日記]

_ [日記] 幸せのバブルリング

浜田市のしまね海遊館アクアスへ出かける。ここの白イルカがバブルリング(リング状の泡)を吐く、というのでその見物。

アクアスは朝九時オープンということだったが、白イルカは大人気なので「オープン前に行って並ぶくらいでないとダメ」という話を聞く。そこで九時ちょっと前に行ってみると確かに人気があるようで、駐車場はすでにほとんど満杯、入場券を買うのにも長蛇の列で、入場するまで30分かかる。

入場料は大人1500円、高校生以下500円だが今日は子どもの日だからか子どものみ入場無料だった。

場内に入っても混雑はひどく、人が多くて魚を見るどころではない。仕方がないので白イルカの水槽(見学順路の一番最後の方にある)へまっすぐ向かう。

ここも当然大行列だったが大人しく最後尾に並んで待つ。ショーは9:30から45分毎*1だったが、係の人によると11時の回には入れそうであるとのこと。

つまり、待ち時間はおよそ90分。大変と言えば大変だが、混雑したディズニーランドに較べれば全然問題ない。子どもたちも大人しく待つ。

やがて順番が回って来て、ショーの会場に入る。壁一面が水槽になっていて、ガラスの向こうで白イルカが3頭休憩している。体長が5mくらいあるので、イルカというよりもむしろクジラという感じ。

ショーは、イルカの身体の仕組みの説明も交えた楽しいものだった。何よりも、イルカたちがなんだか楽しそうにやっているのが良い。もっとも白イルカって、もともとちょっと笑っているような顔つきなので、ああ見えても内心ではイヤイヤやっている可能性もあるのだけど、ショーで見せてくれる「芸」の(バブルリングも含む)いくつかは、人間が教える前にイルカたちが勝手に遊びで始めたものだそうで、ショーもその延長線上で彼らにとっては遊びであると信じたい。

*1 春の連休中なので一番頻度が高かった。日によってショーの時刻/頻度は異なるのでタイムテーブルであらかじめ確認しておくと良い。

画像の説明
[]



あわせて読みたい rss
«前の日記(2008-05-02) 最新 次の日記(2008-05-20)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg