«前の日記(2007-05-02) 最新 次の日記(2007-05-07)» 編集

KONO's Diary-休むに似たり



2007-05-05 [長年日記]

_ [日記] Uターン

法事を無事に終えたので島根から東京へクルマで戻る。例によって渋滞を避け、かつ、ETCの深夜割引を得るために、5日の午後に島根を出発して6日の早い時間に東京に到着する作戦。

東京発島根行きの時と同様に、渋滞を警戒すべきポイントは大阪〜京都周辺と名古屋近辺、あとは最後の東京近辺である。今回は5日午後8時頃に大阪の中国池田インターを通過し、多賀SA辺りで仮眠を取って6日早朝に名古屋通過、昼頃に東京着、という予定で行くことにした。

浜田自動車道から中国自動車道へ入る辺りで日が暮れてきた。この近辺を夜に走るのが今回初めてだったのだけど、広島県内の千代田JCTから東の中国自動車道は、R250m〜R300m程度の急カーブの連続で、街灯も整備されていないので夜間通行はなかなかスピードが出せない。山の中なので虫も多く、多数の虫がフロントガラスに激突して潰れる。幸い、最大の難所の帝釈峡PA周辺を通過するまでは、日が暮れたとは言えまだ空の明るさが残っていたのでまだ良かったが、その後完全に暗くなってからは(雨が降ってきたこともあり)ペースダウンせざるを得なかった。

このため、大阪通過は午後十一時頃。ただこの時間でも宝塚付近は10km程度の渋滞が残っていて、これに捕まったため30分程度の時間をロスする。

その後大津で給油し、疲れたのでそのまま仮眠を取ろうかと思ったら駐車場が空いていなかったので次の草津PAまで行ってから仮眠。これが午前1時頃。

6日は午前4時前に草津を出発し、名古屋近辺は午前5時過ぎに通過する。静岡県に入った辺りで雨足がかなり強くなり、50km/h規制も出る。このため多少ペースダウンしてしまったが、午前9時前に富士川SAで朝食、午前11時過ぎには自宅到着。

午後はずーっと寝てました。

[]



あわせて読みたい rss
«前の日記(2007-05-02) 最新 次の日記(2007-05-07)» 編集
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg