«前の日(06-11) 最新 次の日(06-13)» 追記

KONO's Diary-休むに似たり



2009-06-12

_ [] ヨシ!

ウチの犬に「マテ」をさせた後「ヨシ」といった瞬間をEX-FC100の30枚連写で撮影したものをアニメgifにしてみた。

「ヨシ!」といった瞬間とびかかってきたのでびっくりしてシャッターボタンを再度押してしまって、実際に取れたのは26コマだったけど。

ダッシュするとき舌が出ているが、不用意にそんなことしたら噛んでしまうのではないか、と心配になる。でも、よく思い出してみると、犬は走るときなどいつも舌を出しているような気がするので、何らかの理由・メカニズムにより噛むことはほとんどないのかもしれない

写真がちょっと暗いので、撮りなおしたいのだけど、その後どうもカメラが気になるようでカメラを前にすると「マテ」がうまくできなくなってしまった。

画像のサイズ縮小はリサイズ超簡単!Pro、アニメgif化はを使った。

*1 眠っているときも、舌の先がちろっと口からのぞいている。ノドが乾いたりしないのかと心配になるがきっと理由があるのだろう。

画像の説明

2010-06-12

_ [自転車] ディパック購入

自転車通勤でリュックサックを使うことにしたのだが、手元にあるリュックサックは何年か前に某ソフトウェアベンダーの展示会でもらったノベルティで、結構よく作ってはあるのだけど所詮は無償の景品である。ここは一つ、ちゃんとしたリュックサックを導入してもバチは当たらんだろうということで、ここしばらくずっといろいろ物色していたのだった。

調べ始めたらすぐにdeuter(ドイター)というブランドがヒットして、背中のムレを防ぐ「エアストライプ」機構にそそられはしたのだけど、ラインナップがやたらとあってどれにするか迷っているうちに、VAUDE(ファウデ)というブランドも気になってきた。ここのリュックサックは背中に当たる部分がメッシュになっていて、ムレにくそうなのだ。

実はドイターにも「クロスエアーEXP」というモデルは同様のメッシュを使った仕組みになっている。が、色が今ひとつなのと(このモデルに限って黒がない)、サイズの割に高価な気がしていたのだった。一方のファウデは黒があって、サイズ的にもドイターより一回り大きいモデル"Splash Air 20+5"というのがあって、売価もそこそこ値引いてくれる店を見つけたので、そこで購入したのだった*1

で、届いたバックの写真がこれ。

標準の状態で容量は20リットル。ファスナーを緩めると+5リットルの追加が可能。この写真はファスナーを緩めたところ。また、背中のメッシュが浮いている様子もわかる。

中にA4のクリアファイルを入れてみたところ。折り曲げずにちょうど入るサイズで、とりあえずこれが入れば通勤に使える。

先週一週間、早速通勤に使ってみたが、背中のメッシュの効果は高く、非常に快適になった。バックの仕組み上、少し重量がある(1kg強)のが難点といえば難点だが、メッシュ以外の部分もしっかり作ってあるのでこれは致し方ない。

それにしても、ドイターといいファウデといい、皆ドイツのブランドである。先日買った前カゴのリクセンカウルもドイツブランドで、この分野はどうもドイツが非常に強いらしい。どのブランドも売価設定は結構高めなので、日本ブランドでも競争できそうな気がするのだが……。

あと、今回使ったガッツサイクルというショップは、安くて良かった。どうも個人でやっている小さな店らしく、品揃えが偏っている部分もあるのだが、連絡は丁寧だし、機会があればまたお願いしたい。

*1 ちなみに、送料は780円。銀行振込で支払ったので振込手数料が210円。合計9490円。他の店で買えば本体価格だけで1万円以上というところばかりだったので送料他を足してもこの店が安かった

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ えびす [ 機能性高くて末長く毎日使うようなものを買うとなんかテンション上がってイイすよね。(^ω^)ウフフ  1万円弱でこの..]

_ kono [えびすさん毎度コメントありがとうございます。 耐久性は今後おいおい判ってくるでしょうが、なにしろドイツブランドなので..]




あわせて読みたい rss
«前の日(06-11) 最新 次の日(06-13)» 追記
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg