«前の日(01-24) 最新 次の日(01-26)» 追記

KONO's Diary-休むに似たり



2007-01-25

_ [映画] それでもボクはやってない

周防正行監督が10年ぶりにメガホンを取った作品のテーマは痴漢冤罪。26歳のフリーターの青年が満員電車で痴漢をしたという疑いをかけられ、警察署に連行される。同じ警察署に別の痴漢オヤジが捕まっていて、こちらは早々に罪を認めて釈放されるのに、フリーター青年は頑強に否認したため拘留され、起訴、裁判まで行ってしまう。実際に起きた事件を元にしており、同様の事件は明日自分の身にも起こるかもしれない。

二時間以上の映画なのに途中全くダレることなく、ENDマークが出るまで時間を忘れて見入る一本。途中展開にやや唐突なところも散見されたので、本当はもっと長尺だったのをここまで刈り込んだのだろうと思う。DVDになるときには「完全版」「ディレクターズ・カット版」が出るのかもしれない。

大人になり、実家を出て一人暮らしをする前にマンガ『ナニワ金融道』を読んでおくべきという話があったが、同様に日本の警察・検察・裁判所の限界を知るために本作を必ず観ておくべきだろう。

ぼくが思う唯一の瑕疵はタイトルで、映画館で入場券を買うときに「"それでもボクはやってない"を一枚お願いします」と切符売り場で発声するのが異様に恥ずかしかった。館内はガラガラで、多分興業的にはそんなに入らないような気もするが。

それにしても、今後司法改革等がいろいろなされて本作が「2000年代初頭の日本の歴史を扱った作品」になればよいのだが。主人公たちが裁判でたたかうのに、フリーターで時間の自由が効くから好都合、という展開なのだけど、そんな設定も早く歴史になって欲しい。


2010-01-25

_ [日記] 携帯デジタルオーディオ

毎朝の犬の散歩の時に携帯用のオーディオプレイヤーを使っている。プレイヤーは最初はappleのiPod shuffleだったが、ズボンのポケットに入れたまま洗濯してダメにしてしまったので、昨年夏にCreativeのZen Stoneという小型プレイヤーをAmazonで2000円で購入した。以来、愛用していたのだが、内蔵電池がへたってきて最近は充電直後でも朝の30分の散歩中に電源が落ちるようになってしまった。

仕方がないので新しいのを物色する。

とりあえず昨今どんな機種があるのか店頭でリサーチすべしと池袋のビックカメラとヤマダ電器に出かけてみたところ、どちらの店にもiPodとSONYのWalkmanしか置いていない。ヤマダの日本総本店なんて、一軒の電器屋としては有数の規模のハズだけど、「iPod売り場」にiPodが、「デジタルオーディオ」売り場にはWalkmanしかないのだ。その姿勢があまりに徹底していたので、つい、新宿のヨドバシにも行ってみたら、ここにはさすがにCreative等の海外メーカー製品も少し置いてあった。

が、東芝やJVC等ソニー以外の日本メーカーのプレイヤーはもう全く置いてない。

ちょっと目を離していたスキに、ここまで寡占化が進んでいたのかとびっくりさせられたのだった。

プレイヤーは結局、Amazonで台湾メーカーの品物を調達。4GBで3520円。また電池が半年位でヘタるかもしれないけれども、まぁその時はその時ということで。トランセンドなんて全然知らないブランドだけど、新宿ヨドバシ店頭でも扱っていたのでそんなに怪しくもないのだろう。




あわせて読みたい rss
«前の日(01-24) 最新 次の日(01-26)» 追記
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg