追記

KONO's Diary-休むに似たり



2012-12-25 [長年日記]

_ [日記] メエメエ小山羊もないてます

「はだしのゲン」の作者の中沢啓治が亡くなったらしい。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/121225/ent12122510120006-n1.htm

享年73歳。意外と若い気もするが、「ゲン」が終戦時小学校高学年くらいの年かさだったから、同い年としたらそんなものだろう。

「ゲン」はジャンプ連載時にリアルタイムで読んでいた。

細かいところはいろいろ忘れてしまったけれども、原爆が落ちてきた時のシーン(ゲンは塀の陰にいたので「ピカ」の光に直撃されずに済んだ。その時ゲンと話をしていたおばさんは「ピカ」をもろに喰らって以下記述自粛)と最終回は今でも鮮明に覚えている。

ためしに検索したら最終回最後のコマが出てきた。

http://blogs.yahoo.co.jp/mitsounob/28477226.html

友人に指摘されて気付いたのだけど、これは「ジャンプ」連載の最終回(1974年)。これを「第一部」などというらしい。Wikipediaによるとその後掲載誌を変えながら、1984年まで書き継がれた模様。

上記最終回の

「みどりの丘の赤い屋根
とんがり帽子の時計台
鐘がなりますキンコンカン
メエメエ小山羊もないてます」
…という歌は、作中ゲンが何度も歌っているのだけどメロディが判らなかった…と思ってこれも試しに検索してみたら見つかった。さすがはインターネット。

http://www.youtube.com/watch?v=j6DczqtMTMw

書いているうちに思い出してきた。

「ゲン」はジャンプ・コミックスとしては発売されていないが、雑誌掲載時にほとんど全部読んでいた。当時毎週「ジャンプ」を買えるだけの小遣いはもらっていなかったが、通っていた散髪屋でこの雑誌を置いていたので、待ち時間に一カ月分の「ジャンプ」をまとめ読みしていたのだった。店が空いていて待たずに済んだ時は散髪が終わった後に読んでいた。 だからどうした、という結論はないのだけれども、ともあれ中沢さんのご冥福をお祈りします。


2012-03-18 [長年日記]

_ [Running][日記] フルマラソンを歩いてきた

ハーフマラソンを完走したら次はやはりフルマラソン、ということで、東京マラソンは申し込んだけれども落選してしまったので板橋Cityマラソン(旧 荒川市民マラソン)という地元の大会にエントリーしたのだった。

ハーフのタイムが2時間だったから、フルなら4時間半から5時間くらいという目標を持っていたのだけど、いざ走ってみると、10kmを過ぎたあたりで左ひざに違和感を感じ、まずいと思いつつ走っていると15kmを過ぎたあたりでこれがはっきりとした痛みになって、20kmあたりでもう走ってはいられなくなってしまったので、やむなく早歩きに変更。歩く分には膝は痛まなかったので、折り返し点を過ぎてからはずっと速足で歩いてしまった。

結局、スタート後5時間50分でゴール。途中棄権はせずに済んだが、後半歩いてしまったので充実感は全然なし。

ひざは典型的な腸頸靱帯炎、いわゆるランナー膝の症状で、ゴールした後は痛みがますますひどくなり、左足を引きずりながら帰宅する。

まぁハーフマラソンも初回は歩いてしまったし、こういうこともあるだろうとは思っていたが、せめて30km程度までは歩かずに行きたかったものである。




あわせて読みたい rss
追記
カバー画像はWikimedia Commonsより。
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2 or any later version published by the Free Software Foundation; with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts. A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".
画像提供元:http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Field_of_hay_bales_-_omeo.jpg